サイドスタンドの外し方(ステップバーの交換)

  • 2019.05.31 Friday
  • 17:20

サイドスタンドを外し方を紹介します。

 

スーパーカブ サイドスタンド 外し方

 

サイドスタンドはステップバーに装着されています。歪んでしまったステップバーを交換する場合には、まずこのサイドスタンドを外す必要があります。アッセンブリ丸ごと交換しようにも別パーツ扱いなので、結局組み立てが必要です。

 

サイドスタンドの取り外しはステップバーが車両に装着された状態(写真のまま)で行います。

 

尚、サイドスタンド先端のゴムは矢印下まで摩耗したら使用限界です。まだまだ余裕ですね。

 

 

過去記事:マフラーの外し方・ステップの外し方

過去記事:転びました。

 

取り外し手順

・リターンスプリングを外す

・ピボットナットを外す

・ピボットボルトを外す

 

スプリングフック

 

まずは必要な道具を準備します。スプリングを外す・取り付けるために、スプリングフックという道具があります。先端にスプリングを引っ掛けて使います。

 

結論から書いてしまいますが、スプリングフックは絶対に準備して下さい。慣れている人ならスプリングフック無しでも作業可能のようですが、私自身が初めてやってみた感想は、これがないと余計な怪我をする可能性が十分にあるということでした。

 

スプリングフック 使い方

 

まずスプリングを外す……のですが、これがまた難しいです。サイドスタンドはバネのテンションがかかった状態で定位置に収まっているので、ちょっと力を入れたぐらいではビクともしません。

 

ぐっと力を入れて、"えぐる"ように"ひねる"と外れます。

 

スプリングが外れるとサイドスタンドがだらんとぶら下がるようになります。

 

AA04 AA09 JA10 JA44 サイドスタンド

 

次に目の前に見えるナットを外します。(写真は組み立てた状態なのでスプリングが装着されています。)

 

予想通りと言うべきか、かなり固いです。ラスペネを浸透させて頑張って緩めましょう。サイドスタンドは動かないようにしっかり押さえて下さい。手が滑ると危ないです。

 

裏側はボルトで共締めのようになっているので、同様に外します。しかし……

 

 

サイドスタンドを下から撮った写真です。スプリング側に外すボルトが見えますが、かなり頭の高さが低いのです。 

 

メガネレンチやソケットが、かろうじて引っ掛かるぐらいで接地が悪いとすぐに外れてしまいます。しかも、作業時はちょうど裏側で見えない部分なので尚更です。当然、ここもがっちり締まっています。

 

……。

 

…………。

 

あああああああああああ!!!!!

 

サイドスタンドを押さえながら、手探りでソケットを何とか嵌めて、外れないように力を入れて緩める……という、本当にもう大変です。ここは、ちょうど買ったばかりだったソケットレンチセットのラチェットハンドルが活躍しました。いちいちソケットを嵌め直す必要が無いので、大分楽になります。

 

それでも作業しづらい箇所なのは変わりません。ボルトの角を潰さないように注意しましょう。

 

 

スプリング、ナット、ボルトの三点を外せばサイドスタンドを取り外すことができます。

 

スプリングを除けばナットとボルトで固定されているだけです。ボルトの頭の低さがこれも良く分かります。

 

スーパーカブ ステップバー 交換

 

新品のステップバー。デカいし重い。当然真っすぐです。本来の目的がステップバーの交換なのですが、サイドスタンドを外す必要に迫られる場合はそれぐらいしか思い付かないですね。あとはサイドスタンドの接地面が錆びでボロボロになったときぐらい?

 

こいつもこいつでもう外すのと取り付けるのが大変なのですよ。

 

ラバーステップはステップを車両に取り付けた後で取り付けます。

 

原付 サイドスタンド 外し方

 

サイドスタンド組み立て時には、ボルトとサイドスタンドの作動部にグリスを軽く塗ります。古いグリスをパーツクリーナーで拭き取ってから新しく塗り直しました。あまり塗り過ぎるとボルトの頭にグリスが溢れてきて、滑って締められなくなってしまいます。その場合はキッチンペーパーにパーツクリーナーを染み込ませて拭き取りましょう。

 

締め付けトルクはボルトが5N・m、ナットが59N・mです。まあそれなりに手で締めて終わりにしました。

 

 

最後の難関がスプリングの取り付けです。やることは外すときの逆でしかないのですが、スプリングを伸ばさないと引っ掛からないのでこれもまた相当大変です。

 

……。

 

…………。

 

ああああああああああああああ!!!(二回目)

 

もう頑張って引っ掛けて下さいとしか言えません。かなりの力を入れてスプリングを引っ張り、捻って先を引っ掛けます。外すより取り付けの方が倍以上難しいと思いました。とにかく、まず引っ掛かるだけの長さに伸びないと駄目なので、思い切り引っ張って下さい。道具がしっかりしていれば大丈夫です。

 

何とか引っ掛かってくれさえすれば終了です! お疲れ様でした!!

 

 

サイドスタンドの取り外しは作業手順こそ少ないですが、いずれも物理的にも精神的にも力の要る作業でした。大汗かきました。初めてやる人は頑張って下さい。

 

 

苦労の甲斐あってステップが真っすぐになりました。今回は純正ステップラバーでしたがアルミステップでも良かったかも。ラバーステップが新品になっただけで相当踏み心地が変わりました。変更すると違いが実感できる部分ですね。

 

 

今回使ったもの

KTC スプリングフック

ワコーズ RP-C ラスぺネ A121

 

余談ですがラスペネは上の業務用をお勧めします。

 

おすすめ

武川 アルミステップバーキット

 

 

JUGEMテーマ:車/バイク

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ad

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM