原付整備でパーツクリーナーはとても便利

  • 2018.06.15 Friday
  • 13:15

原付整備で一番使うであろうケミカルがパーツクリーナーです。

 

 

正直パーツクリーナーとだけ言われてもいまいち何のために使うのか分かりませんでしたが、前回のKURE556とは真逆の状態となりました。使わないことがないです。

 

 

役割はエンジンオイルなどの油汚れを取る、以上です。

 

いや本当にそれだけなんですが、これは凄いですよ。エンジンオイルなどのあのベタつきが綺麗さっぱり取れます。キッチンペーパーで良くない?と当初は考えていましたが、拭き取ったぐらいじゃあのヌルヌルは取れません。パーツクリーナーの名に恥じず、ボルトやナットへ使えば汚れも落ちます。ソケットレンチなど工具を仕舞う前にこれで軽く拭き取ればいつもピカピカです。

 

ただし、トルクレンチに直接噴き付けるのはNGです。説明書にもはっきり書かれていて、内部(ヘッド部)の潤滑油に影響が出てしまうのだとか。トルクレンチにパーツクリーナーを使うときには布に噴き付けて軽く拭くぐらいにしておきましょう。それ以外でも構造上パーツクリーナーにNGを出している工具はあるので、事前に説明書をよく読みましょう。もっとも、すぐに壊れるというわけではありませんが、壊れる可能性を生むようなことは避けるべきです。

 

エンジンオイル交換や、クランクケースやシリンダーヘッド等、足元にある部分を弄ったときにパーツクリーナーは大活躍します。今までの記事の中でも当然のようにパーツクリーナーを使っていたのをお気付きになっていたでしょうか。ちょっとだけ後の記事のネタバレもしてしまいます。

 

安価で容量も多いので節約しようとせずにどんどん使いましょう。ゴムやプラスチックにも使用可能なので、使用箇所に神経質にならなくて済むのも良いです。そのへんは次の記事でも言及します。私はゴムやプラに直接使ったことはないのですが、汚れを綺麗に取ったらシリコンスプレーを薄く塗っておくのが良いと思います。

 

写真右のAZのは最初に買った物ですが、中身を使い切るまで一年以上はかかりました。素人がチマチマ弄るぐらいでは一本使い切るのも大変ですから、数本まとめ買いする必要はないと思います。

 

あとAZのパーツクリーナーは長い! 左の二本目ガレージゼロも長めですがAZは頭一つ抜きん出てますね。

 

順番が前後してしまいましたが、私が初めて買った整備用ケミカルです。普段の生活でパーツクリーナーなんて使う機会が無かったので、最初はどこに使うのか迷いましたが、その答えは【どこでも使える】です。私のように一からケミカルを揃える必要がある人は、まずパーツクリーナーから買っておくと良いですよ。ネット通販だとその都度安くなっているメーカーの物があるので、それで十分です。

 

 

おすすめ

[お一人様1個限り]AZ パーツクリーナー 420ml

 

 

過去記事:トルクレンチで締め過ぎを防止する

遅乾性パーツクリーナーと速乾性との違い

 

JUGEMテーマ:車/バイク

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

ad

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM